承認


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ディジタル・イメージ1998東京展に出品したものの修正版。
すっごく時間がなかったため、下絵にPoserを使うという初の試みをやって思いっきり失敗。
どうしても不自然な体形になってしまって、容易には修正できなくなってしまった。
最初から手でデッサンした方が数段良かったみたい。
展示用にはインクジェットでB1版プリントを出したのですが、
色校をする暇がなかったためものすごい仕上がりになって帰ってきました。
会場まで見に行ってくださった方、とんだお目汚しで失礼しました。
今すっごく反省して描き直ししている最中です。だからこの絵はまだ未完成。

「時間がないというのは言い訳にならない」とは、昔わたしの師匠に言われた言葉。
時間がなかったらば、そこのところをどうやってうまく乗り切るか?
手を抜くのではなく、やりくりすることが大切なのですね。
デザインの仕事においてはそのへんの「やりくり法」が体に染み着いていて
自然にやっていられるのですが、趣味の絵の領域になると全然計画性が立たないです。
なんとか間に合わせようとして余計な事すると裏目に出るね。
やっぱ普段通り、描きたいものがあるとき自然につらつら描いてるのがいいなあ。

一部を拡大して見る(85K)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



-- Gallery入り口へ --



(C)1996 SMAC = Shimizu Multiple Arts Communication : Presented by Hiromi Shimizu. simz@simz.com